• Shuori

大切なご報告とお知らせ

遂に冬本番。息も白くなったこの頃・・

木枯らしが吹く中、先日はNakanospecialの川崎路上ライブでした。


皆様に大切なご報告です。



この度、朱織はNakanospecialから抜ける事になりました。


この後長文になるので、先に告知を!


朱織が参加する最後のNakanospecialライブは、


2019年1月10日(木)


下北沢です。

時間など詳細は間も無くしますので、スケジュールだけキープでお願い致します。

朱織参加のラストライブ、是非是非お越しくださいm(_ _ )m





Nakanospecialとの出会いは約3年前。



物々交換をメインとするサイト「ジモティー」でたまたまメンバー募集を見つけ、なんとなく応募した事が始まりでした。

実は最初はヴァイブラフォン(以下Vib)募集ではなく、ピアノ募集だったので、ピアノ弾きとして入りましたが、虎視眈々とVibポジションに持って行こう・・なんて企んでおりました。

2回くらいピアノでリハした後、実はピアノはあまり弾いてなくてVibやマリンバがメインなんだ、なんて暴露し、「ではVibでやってみよう」とのことで3回目のリハ辺りでVib突入。結果、Vibで参加する事に決定しました。

ピアノはどうしたかというと、実にい良いタイミングでピアニストがやってきて全てが丸く治りました。(後にこのピアニストとは何回かデュオの仕事やライブもやらせてもらい、良い出会いでした)



なぜNakanospecialに応募したのか。

その理由は単純で、「Nakanospecialの音楽が好きだったから」です。応募画面にデモもあったので、最初にそれを聞いて一目惚れ、いや、一耳惚れしました。これは絶対Vibの音が合う!と確信したのもこの時です。

最初は私もVib初心者。しかも元々Vibというポジションがないバンドだったので、最初はピアノの譜面を捩って演奏していましたが、徐々に自分の役割も見つけ、また新曲ではVibの楽譜も作っていただけるようになりました。


3年は長いようで短い・・ちょうど、中学や高校を入学してから卒業するくらいの長さですね。だいたい卒業する時は、「え、もう卒業?こないだ入学したばかりなのに。あっという間だった」、なんて言いますよね。そんな感じです。


あっという間に過ぎ去った時間の間に本当にたくさんの事を経験し、体験し、学び、感じました。Nakanospecialを通してたくさんの方と出会うことができました。



今回、残念ながらNakanospecialを去るという決断に至りましたが、バンドに参加してたくさんの事を学び、そして他では得ることができない仲間との時間も経験させていただきました。


約3年という短い時間でしたが、とても濃い、有難い貴重な時間を過ごしました。


メンバーの皆さん、たくさん迷惑をお掛けしましたが、

いつも優しく迎えてくれて本当にありがとうございました。


私が抜けてもNakanospecialが無くなるわけではないので、引き続き応援をお願い致します。


そして何よりも応援してくださった、協力してくださった皆様には感謝しかございません。

支えてくださったたくさんの方々にこのようなご報告をする事になり、本当に心苦しい限りです。

本当に本当にありがとうございました。



これから朱織は次のステップに進みます。

更なる成長を目指し、そして自分のやりたい事、挑戦したい事に専念していきます。

皆様どうぞ、これからもよろしくお願い致します。



2018年12月 朱織

334回の閲覧