• Shuori

謹賀新年

🎍明けましておめでとうございます🍶


今年は珍しく、というより日本内では初めて横浜以外で年を越しました。


今年の御節は京都「下鴨茶寮」

豪華三段!

だいたい御節というものはどれもなんだか同じ様な味で3日間も食べ続けるのはかなり酷だけど、この御節はまず飽きない。

一つ一つの料理が味付けが濃すぎず上品。素材の味わいもしっかり出ていて見ても食べても楽しい美味しい御節でした。

こちらがお品書き↓


そしてお雑煮。

こちらが関東のお雑煮。というか、埼玉の内田家のお雑煮。

具材は、お餅・ナルト・三つ葉・八頭。

今回はちょっと贅沢して京湯葉と風味付けに柚子を散らして。


忘年会から年越しの飲み過ぎ食べ過ぎお疲れ様の胃ちゃんにじゅわ〜っと染み渡るこのお汁。最高です。

連日の胃疲れの為、お餅は一個で・・。


クリスマスからの忘年会からの大晦日からの正月・・・クリスマス以降、毎日が宴会です。


しかし、ずっとパーティー気分ではいられません・・!


とういう事で、新年早々、お勉強しに行きました。



1月2日、新年早々渋谷のBunkamuraまで映画を観に行きました。

4日まで公開している「ピアソラ〜永遠のリベルタンゴ〜」

渋谷の映画館なんてそうそう足を運ばないけれど、ここでしかやっていなかったので仕方がない!

朝の9:30。元旦明けの渋谷は意外と人が少なく、静か。上映は10:20なのでBunkamura前にあるカフェで朝食を済ませて映画館へ。


劇場はどちらかというと欧州映画やマイナー映画専門という感じでフランスやイギリス、イタリア、アルゼンチンの映画ばかり。シアターは2つだけで、今回はシアター2へ。飲食はペットボトルの飲み物以外禁止。


ちらほらと観客は入っていて、静かに上映がスタート。


アストロ・ピアソラの自伝本と録音を元に、出生から死ぬまでを描いたドキュメンタリー映画でした。

実際のアストロの映像や時代背景の映像がふんだんに使われていて「こういう人だったんだ・・」と知る事ができる映画でした。

私がいつも演奏する『Escualo』はスペイン語で鮫という意味。当時アルゼンチンでは鮫釣がスポーツとして親しまれていて、特にアストロは鮫釣が大好きだった。映画の中で何度も何度も鮫釣のシーンが出てきた。

私の印象としては、アストロ・ピアソラはストイックで勉強熱心。何事にも情熱的だけど茶目っ気があって、すごく面白い人だったんだと感じました。


約2時間の映画を観て、今年こそはピアソラの曲を楽譜に起こして、ピアソラ祭りができる様に備えようと決心しました。

頑張るぞ!


🎍🎍🎍🎍🎍🎍


さて、月末からお知らせしている、Nakanospecialでの最後のライブがライブが来週に迫ってきました!

完全インスト縛りのライブ。

面白いこと間違いなし!


チケットの取り置きができますので、SNSやメールで朱織にご連絡ください。

お待ちしています!


🎍それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m🍶



朱織 -Shuori-




54回の閲覧