• Shuori

3日連続シネマ(2)

2日目!

2020/1/30......🎥



原題:「Royahaye dame sobh」


イランの少女更生施設のドキュメンタリー。

一見、このポスターをみたら、綺麗な話のドキュメンタリーのように感じる。しかし、実際はとても酷く、残酷な現実を写したものだった。




こちらが海外ポスター。うん、こっちの方が内容にしっくりくる。


「Starless Dreams」


星の無い夢。


産まれたくて産まれたんじゃ無い。産んでと頼んだわけでは無い。

とある少女が発した言葉にこんなのがあった。


「産んだんなら責任を持て。育てられないなら産むな。」


ここに暮らしている少女たちは、みんな反抗期で悪ぶっているんじゃない。そうするしか、生きることができなかった。親から見放されたり、虐待、親族による性的虐待、また親がドラック常用者でドラックに関わってしまった・・・。


そしてほとんどの子が釈放されることを望んでいない。いや、自由になりたいが、その家族のもとに帰りたくない。もしくは家族が引き取ってくれない。


ここにいる子達はティーネイジャーだ。なのに会話がティーンじゃない。十数年生きただけなのにもう人生に諦めを覚えている。


そして男尊女卑の社会。少女が修道士に問いをかけた。

「なぜ、男が女を殺すよりも女が男を殺す方が罪が重いのか?」

それに修道士は「それが社会だ」と、説いた。何も助けになっていない。

宗教上の男女の差があるのだろうけども、今はもう2020年。世界の様子も簡単に見ることが出来る世界。自分の意見を持つことが普通の世界・・のはずなのに。


今だに、生きる環境に苦しむ人たちはたくさんいるということ。

それはきっと、0にはならないのだろう。


もっと、もっと、なんとかならないだろうか。